2011年11月

とうとう最後 私の履歴書

 

中国の富裕層は、祖国を見限って海外移住を始めてるそうです。

日本もそうなるような気がします。

 

今までお付き合いいただきありがとうございました。

「私の履歴書」本日をもって終了いたします。

とりたてて運動能力に優れたわけでもない私が、なぜかキックボクシングジムのヘッドに

なってしまった経緯が少しは伝わったでしょうか。

 

謙遜でもなんでもなく、私はキックボクサーとしては三流だと思ってます。

しかし今の立場は選手ではありません。

 

「名監督必ずしも名監督ならず」という言葉があります。

これを頼りにしていく、というよりこれにすがらざるをえません。

 

多くの競技もそうですが、キックボクシングは技術差だけが勝敗を分けるものではありま

せん。

技術で100点はとれなくても、他の部門でそこを穴埋めして総合力で勝てばいい。

そう思っています。

 

私はいい加減な人間ですが、妙なところで責任感の強いところがある。

私についてきてくれた人間、強くなりたい、プロになりたいと思ってDropoutの門を叩いてく

れたひとについて最低現の責任を果たさねばならない。

その頂点はやはりプロだろう。

「このジムにいなければもっと強くなれてた」なんて思わせたら指導者失格だ。

 

私には満点の技術はない。

しかしそれをバックアップできるものは多くある。

一見不利に思える55歳という年齢、それはいい加減とはいえ歩んできた人生の積み重

ね、いや、いい加減だからこそ自信を持って口を開ける部分もある。

冗談好き、酒好き、好色etc.・・・ 

キックボクシングにはまったく関係ない、私に付随するすべての要素さえキックボクシング

に収斂させていこう。

 

三流人間が一流を生み出そうと考えている。

1
PAGE TOP