ホーム > へたのよこずき > > 映画レビュー
へたのよこずき

映画レビュー

数日前に少し触れた映画「ライオン ~25年目のただいま~」を観てきました。

実話を基にしたオーストラリア映画です。

 

20数年前に5歳で兄と離れて迷子になってしまい、その後オーストラリア人夫婦の養子になるサルー。

もちろん多くの人が想像するであろう貧しさとセットの少年時代だ

 

時は流れて、流ちょうな英語を話すサルー青年。

インド時代とは打って変わって貧しさとは無縁の生活。

しかし彼の胸からは、優しい母や兄、姉妹への想いが途切れることはなかった。

 

ある日友人たちと自分の出自のことを打ち明けると、「グーグルマップで探してみては?」との提案。

サルーはほんのかすかな幼少時の故郷の記憶をもとに故郷を探し出す。

 

現代の技術力が生み出した奇跡だ。

技術的奇跡だけでなく、養子を迎えた(サルーだけでなく、同じくインド人の「兄弟」ももうひとり!)夫婦の人間愛

もすごい。

「ライオン」という一見、この映画に不釣り合いなタイトルもエンドロールで明かされる。

そして必見の実写映像も。

いやぁ、よかった。

 

しかし最後にその気分をぶち壊してくれたものがあった。

アグネス・チャン率いるピンハネ団体「日本ユニセフ協会」が(インドでは今でも年間8万人もの子供が行方不明にな

り・・)と寄付を呼び掛けるテロップを流しやがった。

皆さん気を付けましょう。

 

それ以外は極めていい映画だと思います。

85点。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.dropout-gym.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1744

PAGE TOP