へたのよこずき

勝負

昨夜たまたま観たNHKの番組。

達人と言われるふたりの料理人を追っていた。

 

ひとりはオバマ大統領も安倍首相と訪れた寿司の名店「すきやばし次郎」の店主、91歳の小野二郎氏。

もうひとりは、70歳の天ぷら職人早乙女哲哉氏。

ふたりは分野は違えども、料理人としての腕を認め合う友人でありライバルだという。

 

意外ではあるが、小野氏は若いころはそんなに目立った職人ではなかったという。

そんな小野氏が、若くて凄腕の天ぷら職人がいると聴き店を訪れる。

その後、早乙女氏も小野氏の店に通いだす。

早乙女氏の言うには「五千回は通ったねぇ。数千万円使ってるよ。」とのこと。

 

早乙女氏が「すきやばし次郎」の引き戸を開ける。

ランチタイムである。

二郎氏は特に驚くでも歓待するでもなく淡々。

そりゃ週に二、三回くらいは来てるんだろうし、当然と言えば当然。

二郎氏の正面からひとつずれた斜め前に座るのが常。

そこで二郎氏の握り方を毎度観察する。

なにも言わなくても20貫の寿司が次々出てくる。

それをなにも言わずに口へ運ぶ哲哉氏。

双方無言。

しかしもちろん不穏な空気はない。

ナレーションの言葉を借りれば「無言の会話」だそうだ。

 

20貫を食べ終わると長居するわけでなく、すぐ立ち去る。

もちろんアルコール類なんかもとらず、おいしい物を食べてる雰囲気などまるでない。

「勉強」という言葉しか思いつかない。

一回三万円の勉強。

すごいよ。

 

一方の二郎氏も月に一度の割合で哲哉氏の店を訪れる。

食材によって揚げ方はもちろん違うし、その腕は段違いだそうだ。

たぶん私なんか生涯味わうことはないだろう。

 

カウンターを挟んでのふたりの料理人はまさしく戦っていた。

真剣勝負だった。

そしてどちらもが勝者だった。

 

深い、深すぎる世界である。

 

※再放送は17日(水)午前0時10分からです。興味ある方はぜひ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.dropout-gym.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1759

PAGE TOP