ホーム > へたのよこずき > > 極端なのは
へたのよこずき

極端なのは

スコアだけ見てたら、なんだかすごい試合に見えるけど、イマイチ盛り上がりに欠ける試合展開で我が母校が甲子園初

勝利あげました。

次は福原愛ちゃんの母校、強豪青森山田高校と。

恥かしくない試合してください。

 

週刊ポストを買ってしまった。

「65歳になったらやってはいけない〇〇大辞典」って特集に興味があって。

他に「奇跡の50歳 南野陽子」という袋とじもありましたが、そんなのはなんの興味もなく、どちらかと言えば「泰葉

が脱いだ!『空前絶後のヘアヌード』」の方が後押ししてくれました。

 

その特集に「物忘れ改善薬は本当に効くのか?」というのがあり、経済評論家の森永卓郎氏、デザイナーのドン小西

氏、元政治家の筆坂秀世氏の60代三人が市販の「物忘れ改善薬」というのを一週間服用し、ビフォー・アフターを観察

するというのがあった。

結果はそんなに劇的なものも感じられなかったようで、ここでは触れません。

 

その中で森永氏が興味深いことを述べてます。

氏がライザップのCMに出て、見事に絞ったカラダを披露されてたことは記憶に新しい。

減量中、氏は「完全に」炭水化物を絶って(絶たされて)いたそうだが、その時は頭がボーッとして、テレビなどで

うまく話せなかったらしい。

質問されてから話すまでに間が空くことなどもあったらしく、竹中平蔵氏あたりから完膚なきまでに叩きのめされたと

いう。

 

やはり炭水化物は、たんぱく質、脂質と並んで三大栄養素であり、極端な制限は害があるのだという。

特に年齢を重ねてからは。

 

うむ、やはりアルコールとともに三大栄養素の摂取に励むとしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.dropout-gym.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1817

PAGE TOP