ホーム > へたのよこずき > > Drinking party その1
へたのよこずき

Drinking party その1

Dropoutは11日からお盆休みに入りました。

15日までです。

 

お盆休みといえば旧友たちと顔を合わせやすい時機。

昨日、一昨日と何人かで酒卓を囲みました。

 

先ず、12日の土曜日。

16時に大阪はJR天満駅にてDropoutの葵勇之進と待ち合わす。

16時まであと数分というところで葵が改札から出てくる。

私が近づいて行くと、それを追い越して葵に近寄っていく集団がある。

テツジムの元プロ選手である藤田飛龍氏、鮫島逸平氏、龍騎氏だ。

もちろん当初からこの五名で飲むつもりで待ち合わせたのだった。

テツジムさんとは会長のテツ会長と私が旧知の間柄でもあり、親しみが深い。

テツ会長も当初参加予定であったが、よんどころなき事情で不参加となりました。

残念。

 

鮫島氏と葵は鮫島氏の引退試合で戦った(結果的に葵もこれが引退試合となる)仲。

私と龍騎氏は、この一年ほどの間にテツジム主催の「オヤジキック」を二回戦った。

藤田氏も、深くは話したことはないが、試合会場でちょくちょく顔を合わせ、あいさつくらいはかわしていた。

葵と鮫島氏は一度ふたりで飲んだこともあり、かねてから一度飲みましょうよと私が鮫島氏に何回も持ちかけていた。

滋賀県と兵庫県、それも岡山に近い兵庫県西部に居を構える三氏。

なかなか日程を合わすのが難しく、時間の取りやすいお盆時期を狙い、中間地点の大阪での再会と相成ったのでした。

 

JR大阪駅を挟んでそれぞれ一駅ずつ西に位置する福島駅、東の天満駅は私のお気に入り飲酒スポット。

テイストは違うが、どちらも安くておいしく、個性的なお店が目白押し。

午後四時ともなれば、しかもお盆であればそこら中に飲み助の姿を目にするのは容易だ。

 

おしゃれな店も多い中、この暑苦しい顔ぶれに似つかわしい大衆酒場風に突入。

大瓶ビール三本を皮切りに、にぎやかにキックオヤジ宴会の幕が切って落とされました。

 

みんないい飲みっぷり、食いっぷり。

男はこれでなくっちゃ。

 

昨日の敵は今日の友。

かつての敵のグローブを通しての鈍い痛みが絶好の酒のさかなだ。

リングを降りても、それぞれがまた別の敵と戦っているオヤジたち。

いい酒だ。

 

場所を変え、宴はあとふたつ続いた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.dropout-gym.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1821

PAGE TOP