2017年10月

馴染まない

滋賀県の地方都市にもハロウィンなるものが浸透してきました。

今日、段ボール製、手作りのガンダム風の被り物などをまとった結構な歳(30くらい?)の男性たちがいて(ここまで

来たか!・・)と思いました。

 

私はハロウィンなるものの時季的なものも知りませんでした。

10月31日が本来らしいですね。

でももう宗教的要素を離れ、単なるイベント化してるから一番近い日曜くらいがピークになってるんでしょう。

 

10年ほど前は寂しいものだったのに、すっかり市民権を得てしまいましたね。

少なくとも若い層には。

 

私のような年寄りには無理です。

あんな血のりをわざとつけて電車に乗るなんてとてもできません。

あれができれば、電車内で子供に排尿させる中国人にすぐさま追いつけます。

 

だいたいコスプレゆーたらセーラー服やナース、スクール水着、体操服いうとこが定番やろ!

基本に戻れよ!

 

タイの水かけ祭りなら本当に心から楽しめますが、これは無理です。

馴染めないまま生涯を閉じる所存でございます。

危機

数日前に、自宅の裏庭で複数のカラスが騒がしかった。

鳴き方が普通と違う、変なそれであった。

それも結構長く続いた。

5分は続いていた。

なんだろうと思って見に行くと・・

一本だけある柿の木に、なんとアライグマが登っていた。

 

急いでスマホを取りに行き、何枚かの写真を撮った。

それをDropoutのグループLINEや、何人かの人に送った。

もしかして(タヌキかな・・)と思って、調べてみたらアライグマの特徴として尻尾にシマシマとある。

間違いない、アライグマだ。

 

 

LINEを見たある人が、宝塚市(兵庫県)と松原市(大阪府)のHPの記載記事を送ってくれた。

同府県では、いや全国的にもアライグマの農作物被害や、人に危害を加える例が相次いでいるという。

見た目のかわいさとは違ってかなり凶暴らしい。

ペットとして飼われてたのが捨てられたり、脱走したりで野生化したものが急速に増えているとのこと。

もう~、捨てるなよなぁ・・

 

市の環境課に問い合わせたら、目撃例もいくつかあるらしく、中には捕まえた人もいるとか。

同課では捕獲檻も貸し出しているらしい。

一回来たってことはまた来る可能性も高いのかなぁ。

 

しかし、あれはおそらくツガイである。

今度来たとしても檻に入るのはどちらか一方だろう。

離ればなれにさすのはかわいそうだ。

 

しかし、それは甘い考えである。

外来種であヤツらは繁殖力が強く、タヌキなどの在来種までも駆逐してしまうのである。

農家の敵であるのも明確だし。

心を鬼にして檻を置くべきか。

 

しかし日本に来る外来種ってなんでみんなそんなに強いの?

ブラックバス、ブルーギル、アメリカザリガニ、マングース、セイタカアワダチソウ・・

逆に言えば在来種がひ弱いのか。

 

なんだか人間にも当てはまるような・・

 

スター誕生

久々の大型台風に見舞われましたが、幸い私の周辺には大きな被害もなくホッとしてます。

ただ全国的には被害に遭われた方も多くおられ、一日も早い復旧をお祈りしております。

 

昨日はたくさんの大きなイベントがありました。

衆院選挙、ホークス日本シリーズ進出決定、そして村田諒太WBA世界ミドル級王座奪取。

台風を押しのけるくらいの勢いでした。

 

中でも村田選手、おめでとう!

前回のモヤモヤを吹き飛ばす会心の勝利でした。

 

いや、ボクシング界にとって大きな宝が誕生したんじゃないでしょうか。

今までとは一味違う王者。

年齢的に、具志堅氏やそれに続く歴代日本人王者と比べて防衛回数を重ねることは難しいでしょう。

ただ、五輪金メダリスト、重量級での戴冠、そしてルックスの良さは大きな魅力。

それ以上に彼の魅力はその発言の真摯さ、謙虚さ、聡明さ、ピュアな生き方。

これは日本人の心をがっちり掴むに違いない。

対戦相手を揶揄するのもプロとしてのひとつのやり方かもしれない。

しかし私はあまり好きではない。

プロレスならまだしも。

 

プロ転向の話を耳にしたときは(大成は難しいんじゃないか・・)と思った私ですが、大きな間違いでした。

好漢村田、応援します。

居場所

数日前に録画しておいた、NHKの「関西熱視線」というドキュメンタリー番組を観た。

「定年後」というタイトルで、同じタイトルのベストセラー本を出版した兵庫県在住の定年退職者作家を柱に組み立て

られていた。

 

この人自身、保険会社で定年まで勤務したのだが、途中体調を崩し長期休職、その間に自身の「居場所のなさ」を感

じ、退職後の自分に危機感を持ったのだという。

なぜなら足を運ぶところと言えば図書館と書店だけ。

わかるわぁ~、これは寂しい。

 

作家氏が兵庫県内の昼間の大型商業施設を歩く。

ベンチには所在無げな初老の男性が多く見られる。

60半ばと思しき男性は「ほぼ毎日来てます」とのこと。

一般紙3紙とスポーツ紙1紙を持参して熟読して時をつぶす。

無駄遣い防止のテクニックのひとつだろう。

居場所(行き場所)がない。

 

作家氏が提唱する定年後の心得。

①50代から準備する

②居場所を探す

③昔の自分を取り戻す

である。

 

私は①に関しては遅すぎた。

引退を考えた時に急に肩書のない実感が襲ってきてやっと動き始めた。

アホである。

 

②の居場所。

仕事、肩書を離れての素の自分が試される。

 

③。

作家氏は中学、高校時代頃の文を書いたりする喜びに戻ったという。

人間の本来持つ素養は生涯を通して、そうは変わらないだろうから、という根拠から。

 

①、②、③はそれぞれリンクしているように思える。

要するに背伸びすることなく、真に好きと思えることに寄り添えということだろう。

 

定年後の人たちを集めて、ワイワイやるサークル的なことを組織されてる方もいらした。

いいとは思う。

しかしやはり定年後の人たちばかりだ。

う~ん・・

 

Dropoutで自分の子供くらいの人たちと、ざっくばらんに話せた環境は素晴らしいものだったと思います。

それに代わる環境を見出せるか。

 

すべて私自身の問題である。

 

 

効き目

伊勢湾台風並みともいわれる台風を念頭に、さっき期日前投票を済ましてきました。

同じような想いか、多くの人が並んでおられました。

 

夏も過ぎ去ったというのに、このところ陰部のかゆみに悩まされております。

♪夏~は股間がかゆくなる~、というド直球のかゆみ止めのテレビCMがありましたが、確かにかゆくなりますね。

男だけなんでしょうか。

 

私は小林製薬の「ラナケイン」という塗り薬を愛用していて(もちろん虫刺され等にも使用)、その効き目に満足して

おるのですが、今年のこのかゆみにはなぜかその即効性が見られない。

何度も塗りなおす。

そして去年までとかゆみ部位が少し違う。

去年までのそれは100%「袋」部分と言ってもよかったが、今年はなぜか「竿」部分が多い。

もちろん先端ではなく、付け根あたりから中ほどまで。

そこに結構多量を塗り込まないと治まらない。

 

やっぱり6、7年前の薬ではダメなんでしょうか。

こないだRIZINを録画して観ました。

 

那須川選手、RENA選手など強豪目白押し。

中でもRENA選手の強さは際立ってましたねぇ。

 

そんな中、山本美憂選手も出場してました。

40歳を超え、なお衰えぬ闘争本能はすごいです。

 

とまぁ、まともそうな仮面をかぶるのはこれくらいにして、いやいや、最後に大きなサービスシーンがありましたね。

相手選手の腕ひしぎ十字固めを決められた時にまさかのポロリ。

山本選手の胸を覆っていた着衣が上方にずれあがったのです。

テレビの前におられた方はもれなく目にされたはずです。

 

画面には、その「中心になるもの」は映ってなかったですが、会場にいた人は角度によってはその恩恵にあずかった人

もいたかもしれません。

羨ましい。

 

しかし。

あのバストは不自然ですな。

天然ものには見えない。

ナチュラリストの私としては賛成できない。

あんな詰め物して大きくしてなにがいいんだか。

 

と、録画であることをこれ幸いと、何度か見直した私でございました。

ややこしい

今日、クレジットカードの利用代金明細書が送られてきた。

 

その中に「Amazonプライム会員 3,900円」という引き落とし明細があった。

9月26日である。

憶えがない。

プライム会員って?

よくテレビなんかで宣伝してる動画配信みたいなもん?

そんないっぱいモニター眺めてる暇ないがな。

まったく申し込んだ憶えない。

それともなにか買ったのかな。

 

調べてみたら、「憶えがないのに3900円引き落とされた方」みたいな項目がある。

私だけでなく、全国(全世界?)で多発しているようである。

 

それによると、キャンセル、返金も可能とある。

その方法でやってみたが、これがわかりにくい。

一応最後までたどり着き、退会という表示が出たが、返金方法みたいなことは出てこない。

ホンマにこれでええん?

来月のクレジット明細で相殺されるんやろか?

不安である。

 

今や小売業で大きく成長した企業で、こんなあやふやなことがまかり通っていいんだろうか。

当局の指導を求めます。

輝き

私の年に一度の楽しみの一つ、「大津ジャズフェスティバル」が昨日、今日開催されてます。

 

今日は行けませんでしたが、昨日はジムオープン前の午後2時過ぎまで会場におりました。

その中のひとつで、まったくその存在を知らなかったのですが、ゴスペルグループの「アンティーズ」というコンサー

トに行きました。

 

英語表記するとAunties。

幼児語で「おばちゃんたち」って感じらしいです。

その名の通りアラフォー、アラフィフの女性たちが14名。

パンフレットには17名の構成とありましたが、この日は都合が悪かったのか。

白人女性もひとり混じっておられました。

 

もうこれがね、ウマイ。

パワフル。

全曲英語で。

なにより明るく、本当にパワーのおすそ分けにあずかれる感じなんです。

「歌うってめちゃくちゃ楽しい」がモットーだそうですが、いやいや、看板に偽りなしです。

 

もちろんアマチュアなんですが、もう私なんかこのレベルで充分。

というか、プロじゃないかと思うくらい。

逆に言えばアマチュアの良さが光ってるのかも。

 

終演後は多くの方々が、見送りのメンバーの元に駆け寄ってました。

私もリーダー格の女性に次の予定を訊いたら、11月3日の「草津街あかり」というイベントに出演されるとのことで

す。

 

う~ん、行きたい・・

崩壊

神戸製鋼所の検査データ改ざん事件。

どういうことが行なわれたのか、詳しくは知らないが、これ大変なことやないの?

 

日産自動車の検査不正は自社内の問題にとどまるが、これは納入先すべてに波及するから一大事。

日本の信用失墜という事態にまで発展しないか。

しかも神戸製鋼では今までにも似たようなことがあったというし、こんな名のある企業で不正が繰り返されるのは何故

なんでしょう。

 

その反日感情への反動として中国や韓国企業の製品や事業、行いに対してこそこそと悪口を言い溜飲を下げる風潮があ

るが、これ、大きなブーメランとして中韓から返ってくるのは間違いないでしょう。

 

三菱重工のMRJの度重なる納期の延期も不安だ。

あれだけ遅れればキャンセル発生ってことにならないのかね。

 

日本と言えば「高品質」「時間厳守」というイメージが崩れつつあるように思います。

東京オリンピックも大丈夫なのか。

期待外れ

いっときの勢いもどこへやら、小池新党「希望の党」も苦戦必至のようです。

 

クリーンなイメージでさっそうと登場した小池知事ではありましたが、都政にほとんどなんの痕跡も残せませんでし

た。

「決められない知事」の面目躍如です。

 

その点橋下大阪府知事は良くも悪くもグイグイやってましたね。

自分が泥をかぶることもいとわなかった。

八方丸く収まることなんてありません。

日産を建て直したカルロス・ゴーン氏だって相当な痛みを伴うことやりました。

絶対いまだに彼を恨んでる人も多いんじゃないでしょうか。

 

自民党もエラー多かったですが、野党は15も16個もやらかした感じ。

またまた自民に「不思議の勝ち」の風が吹きそうな感じです。

 

私思うのですが、かつて民主党が自民党にとって代わって与党になった時の負のイメージがいまだに国民に残ってるん

じゃないかと思います。

やっぱり自民党に任せとくのが無難だな、と。

 

早く改憲してもらいたいもんです。

 

 

1  2

PAGE TOP