ホーム > へたのよこずき > > 儚いが故に
へたのよこずき

儚いが故に

6日前に、桜の事を書きました。

その時は、7分咲きくらい。

今日には、少しの花びらを残して葉桜になっていました。

 

儚いですね。

 

セミも長い年月を土の中ですごして、外に出たら7日間でその生を全うする。

これまた儚い。

 

でも、その儚さがあってこその美しさや、力強さがあるのかもしれない。

 

私たちだってそう。

今の状況が、ずっと続くわけではない。

いいことも、悪いことも。

そして確実なことは、歳を重ねていつかは灰になる。

だからこそ、精一杯やって、笑って楽しまないと勿体ない。

泣きたいときには子供のように、おもいっきり泣けばいい。

 

いいことばかりじゃないけれど、周りには素敵なことがいっぱいある。

 

新生活が始まった人も多いと思います。

ストレスもいっぱいあるでしょう。

そんな時は、ミットを打ってスカッとしに来てください。

Dropoutへ。お待ちしていま~す

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.dropout-gym.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1966

PAGE TOP