ホーム > へたのよこずき > > 初めての新聞
へたのよこずき

初めての新聞

昨日の事。18:00くらいに2人の若者が、Dropoutのドアを開けた。

 

2人は良く日焼けしていて、スラっとした体形に少し生意気そうな目つき。

おそらくは、サッカー選手だと直感した。

直感は正しく、2人は滋賀県の「MIO」というサッカーチームの選手だった。

午前中は、サッカーの練習そして午後からは、スポンサーについてもらっている会社で働いているそうだ。

 

どうやら2人は新聞社で雇われており、月に1人当たり20件の契約を取らないといけないらしく、飛び込みで営業に回っているそうだ。

そして昨日も、営業活動中にDropoutキックボクシングジムが目に入り、勇気を出してドアを開けたという事らしい。

 

僕は、新聞は読まない。

読みたいとも思わない。どうせ取っても、TV欄と折込チラシに目を通すくらいだ。

だけど、頑張っている2人の姿を見ていると、協力したくなった。

3か月だけでもいいということだったので、契約しました。

お酒ひと月分。お酒はやめたから、お腹に消えた分と考えたらそんなに苦にならない。

これで、微力ながら2人の力になれたなら嬉しい。

 

あの生意気そうな目つき。嫌いじゃない。

 

2人組のサッカー選手が新聞の営業に来たら、優しくしてやってください。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.dropout-gym.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1971

PAGE TOP