ホーム > へたのよこずき > > 乗りかかった舟 M
へたのよこずき

乗りかかった舟 M

いやぁ、日大新喜劇、連日面白すぎます。

もう少しだけ遊ばせてください。

 

「質問やめてオジサン」の登場など、突っ込みどころ満載の同新喜劇ですが、今日は一点だけに絞ります。

記者からいろいろな質問が飛んだが、その中でNHK記者と井上コーチとの一つの質疑応答が引っかかった。

 

(記者)「『・・相手のクォーターバックと知り合いなのか。関学との定期戦がなくなってもいいだろう。相手の

クォーターバックが怪我をして秋の試合に出られなかったら、こっちの得だろう』という念の押され方をしたと聞いて

いる。これは事実か」

(コーチ)「『友達か』ということは聞きました」

 

これ非常に重要だと思うんです。

ここに「つぶす」という言葉の裏にある真意が隠れていると。

 

つまり(友達でなければ怪我させてもいいだろう。深く悩むこともないし・・)という本音が。

 

ふたりとも日本中を敵に回しても自らを守ろうという精神的タフネスがあるならば、ベクトルを180度変えて真実を

話してほしい。

 

今日、関学側に届くであろう日大の回答書に期待する。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.dropout-gym.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2000

PAGE TOP