ホーム > 会員の声

会員の声

山口瑞彦 (やまぐち みずひこ 1977年2月生 2009年2月入会)

山口瑞彦 (やまぐち みずひこ 1977年2月生 2009年2月入会)のイメージ

今まで格闘技と無縁だったので、入会には結婚以上の勇気が必要でした。

練習は軽めでも想像以上のしんどさで、最初の頃しばらくは、(今日、ジムに行く!)と決めた日は、朝から一日中緊張していたくらいです。

しかし、プロ・アマ全員が真剣に練習する姿を見ながら少しずつ練習を重ねて、試合を応援して、会長の人柄(と下ネタ)に触れて、どんどんキックボクシングが好きになりました。

今では(いつか会話が無くなったらミット打ちに誘ってみよう)と4歳の息子の寝顔を見ながら考えたり(前蹴りの距離はこれくらいかな・・・)と通勤途中の電柱の前で立ち止まったりと、常に頭のどこかにキックボクシングが存在しています。

ジムは今の私にもっとも刺激を与えてくれる場所です。

立岡隆二(たつおか りゅうじ 1971年9月生 2009年4月入会)

17歳からうまくやってきた椎間板ヘルニアとの付き合いに亀裂が生じ、35歳で歩行困難となり、ついにお付き合い解消のため手術をしました。

術後しばらく、運動は一切できず、その結果理想体重を数十キロオーバーし、昔の友人からは「誰かわからなかった」と言われる始末。
何か始めなければと思い、昔から好きだった格闘技はできないかと考え、PCに向かい出逢ったのがDropoutのHPでした。

毎晩のように見るうちにすっかり「へたよこ」ファンになり、そんな状態が数カ月続きました。

ふと、PCと向かい合った主旨を思いだし、いざジムに見学へ。
アットホームな雰囲気の中にも独特の緊張感があるというのが最初の印象。

もちろん即入会して、数か月後にDropoutミーティング(豪快な飲み会)に参加させていただきさらにDropoutファンに・・・

あれから2年数カ月、気持ちは燃え続けながらも、身体にまとわりついた脂肪はなかなか燃えずにまとわりついたままではあるが、アマ・プロ、年齢、性別を問わないDropoutの仲間の絆を肌で感じ、腰のご機嫌を伺いながら、月間10日ペースでのジム通いを目標にボチボチやっております。

突然ですが、燃焼の3要素はご存じですか?

  • 可燃物→今、これを読んでるあなた!
     
  • 酸素供給源→Dropout!
     
  • 熱源(点火源)→会長の熱い想い!

さぁ、みんなで燃えましょう!

原田 剛史(はらだ たけし 1970年12月生 2010年1月入会)

原田 剛史(はらだ たけし 1970年12月生 2010年1月入会)のイメージ

2009年12月、39歳になり、来年はいよいよ40代に突入・・・
20年間、まったく運動をしなかった身体は20代半ばより10Kg以上増えて・・・

この身体をなんとかしたい、そんな想いから以前から興味があった格闘技をやろうとDropoutに入会させていただきました。
人一倍身体が硬く、まったく運動をしてませんでしたので、初めの頃はミット打ちもかなりキツかったのですが、会長や先輩の皆さまの指導・アドバイスのおかげで2年間続けてくる事ができました。

今では体重も約10Kg落ち、体力も少しずつついてきたと思います。
これからも自分で目標やテーマを見つけながら少しずつ上達できれば・・・
もうキックボクシング無しの生活は考えにくいですね。

「NO KICK NO LIFE」

キックボクシングの魅力にすっかりはまってしまいました(笑)

 

※写真は練習に励む原田親子

 

村上龍也(むらかみ りゅうや 1980年7月生 2011年10月入会)

村上龍也(むらかみ りゅうや 1980年7月生 2011年10月入会)のイメージ

年齢とともにお腹の出っ張りが気になってきたので、前々からやりたいと思っていたキックボクシングジムに思いきって入会しました。
格闘技なんて全く経験がなかったので、初めてジムのドアを開ける時はすごく緊張した事を覚えています。
ただ、ホームページで見たアットホームなジムの雰囲気やブログで読んだ間宮会長の人柄はまさに想像通りで、見学で来たつもりが・・・そのまま入会してしまいました!

入会初日からリングに上がり、会長自らミット打ちの相手をしてくれるのには驚きました。
希望すれば、なんと現役プロ選手とスパーリングできる事も日常です。選手との歴然たる力の差を体で感じ、ダイエット目的で入ったのに、今ではどうやったらもっと強くなれるかと考え、自己研鑽の日々です。

ダイエットしたい、プロになりたい、メンタルを鍛えたいなどそれぞれの会員の目指す目標に向けて“ジム全体”でサポートしてくれる人間性溢れるあったかい所です。

このジムで過ごす時間、心地いい時間です。

河嶋宏樹 (かわしま ひろき 1984年10月生 2010年10月入会)

河嶋宏樹 (かわしま ひろき 1984年10月生 2010年10月入会)のイメージ

僕がこのジムを選んだ理由は、ホームページを見て雰囲気の良さを感じたからです。
実際、入会してみると会長はじめプロ、アマ関係なく皆が真剣で熱のこもった雰囲気で、その中で練習することができています。

試合に出る選手の一生懸命さ、熱さを近くで感じ刺激を受けています。
実際に試合を観るとその迫力に興奮し感動しました。
なかなか大人になってからこういう経験は出来ないと思います。

また皆さん話しかけやすくアットホームな雰囲気で、定期的にある懇親会にも楽しく参加させてもらっています。
今のところ週一回くらいのペースですが、ジムでの時間は充実した大切な時間となっています。

これからも自分のペースで長くキックボクシングを楽しんでいきたいです。

井上由之(いのうえ よしゆき 1974年4月生 2010年2月入会)

井上由之(いのうえ よしゆき 1974年4月生 2010年2月入会)のイメージ

このジムの門を長男と叩いたのはかれこれ2年前、(2010年2月)今では次男もお世話になり親子3人で通わせていただいております。

入会した理由は老いてゆく自分の体にムチ入れたいという気持ちと、内気で体の小さい息子に自信を持たせたかったからです。
ボディーデザインを整えたい方はもちろんですが、ここにきて得することは所属プロたちの練習を目の前で見れること・・・。

その練習の激しさに圧倒されますが、それよりなんて自分は甘いんだ、ぬるいんだと日々の我が行動を見直すことができますよ。
私にとっては同世代のプロの方もいますので、より強く自分の根性のなさを感じますけど(笑)。

最近冴えないなと感じてる方、一度間宮会長を訪ねてみては?
 

末信雄也  (すえのぶ ゆうや 1989年5月生 2011年3月入会)

末信雄也  (すえのぶ ゆうや 1989年5月生 2011年3月入会)のイメージ

僕はもともと格闘技を見るのが大好きで、打撃系格闘技を体験してみたいと思っていたので、ドロップアウトへの入会を決めました。

最初は思ってた以上にパンチの打ち方、キックの蹴り方など難しかったのですが、会長やプロの先輩方のアドバイスのおかげで、少しずつ上達しているのを感じられるようになっています。

ジムにはプロ志望の方から運動不足解消を目的としている方まで幅広くいて、それぞれの人の目的に合わせてキックボクシングを経験出来る非常に良いジムだと思います。

また数ヶ月に一度開催される飲み会もとても楽しい場です。プロ・アマチュアの人たちが分け隔たりなく、呑み交わし、色々な人と交流出来る絶好の機会です。
高い志を持って始めるのもよし。何となくキックボクシングをやってみたいと思い、始めるのもよし。
是非、一緒に汗を流しましょう!

タマッキィ  (1970年7月生 2009年12月入会)

タマッキィ  (1970年7月生 2009年12月入会)のイメージ

もともと格闘技には興味があったのですが、自分で始めるまでにはかなり悩みました。
このジムに入会するまでも、体験に来てから2、3カ月迷いました。
年齢的なこと、激しい人見知りの私に続けられるのか、などなど・・・
その時のことがウソのようにハマってしまいました!!

入会して、ジムに馴染むまでは時間はかかりましたが、今では皆さんに親切(?)にしていただいてます。
試合に出ることなど、まったく考えてませんでしたが、まさかの出場!!
そうなると負けたくないという気持ちが強くなって、練習も頑張るようになりました。

痛いことやケガもありますが、体力も筋力もつきましたし、なにしろキックボクシングが楽しいです。

プロ選手の頑張っている姿や試合を観ると迫力があって・・・スゴイっす!!
I love キックボクシングぅ~♪

PAGE TOP